在宅医療

在宅医療(往診・訪問診察)

長年、ともに生活してきたペットも私たち人間(ひと)と同じように高齢などに伴うさまざまな疾患や状態の変化が現れてきます。この場合、病気が慢性化し治療が長引くこともあり、通院自体が時としてペットに過剰なストレスを与えたり、さまざまな事情により飼い主さまが病院に連れていけないことも出てきます。

また、高齢のペットでなくても、病院を怖がってしまう、車で来ることができないなど、さまざまな理由でペットを動物病院に連れて行きたいけど連れて行くことができない場合もあるでしょう。

こういう時に、獣医師と話し合ったうえで、在宅医療を導入することも一つの選択になります。どんなに高度な設備や医療ケアがあっても、ペットにとって病院はいつもと違う環境でストレスを感じてしまいます。その反面、自宅はペットにとって住み慣れた最も心地よい場所であり、いわば在宅医療はペットにストレスの少ない場所での医療を提供できます。

特に訪問診察は外来受診ができない病気のペットに、決まった日時に定期的に獣医師がご自宅を訪問し、状態観察や処置などを行います。

重たい病気や加齢に伴う慢性疾患でターミナルの段階に入ったペットにとって、住み慣れた自宅で飼い主さまと一緒に過ごす時間が何より、症状を和らげる効果があります。在宅医療を通じて、医療やケアの面から飼い主さまとペットとの最後の生活を支える「伴走者」としてありたいとファルコン動物病院は考えています。

ご希望の際はお気軽にご相談ください。

(注意事項)

①完全予約制です。ご希望の場合は、まず一度病院にご連絡お願い致します。

②往診や訪問診察は原則として11:30〜15:30の間で対応させて頂きます。なお、在宅医療を受けているペットの状態や手術や検査入院の状況により、日時の変更もあり得ますので、この点ご了承ください。

③別途往診・訪問診察費用1500円〜(税別)が発生します。

④できる範囲のことにはできる限り対応させて頂きますが、在宅医療での医療行為には限界があります。内容によってはお受けすることができない場合がありますのでご了承ください(レントゲン検査や外科手術など)

⑤対象区域:南区、瑞穂区、昭和区、緑区、天白区、熱田区、港区を原則としますが、病院からの移動時間がかかり過ぎるなどの理由により、ご迷惑をおかけすることになりかねないため、お受けできない場合があります。この点、ご了承くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。