ブログ

猫ちゃんの診察
2016年03月18日
  • カテゴリー:
  • スタッフ

 

こんにちは、看護師の荒木ですヾ(*・ω・*)o

 

最近ファルコン動物病院では受付の雰囲気を変えてみました

image

 

ウォールステッカーをはり

オシャレになりましたヽ(*^∇^*)ノワーイッ

 

院内全体も春にむけて院内掲示に装飾をしてもらったり

季節に合わせた雰囲気作りをし、

皆様にとって親しみやすい病院になればと思っております

 

 

 

 

さて、本日はネコちゃんの診察についてです(*’ω`*)ゞ

 

最近ではネコちゃんの飼育頭数がワンちゃんを上回り

病院にネコちゃんが来ることも増えてきました

 

そんな時よく耳にするのが

連れてくるの・捕まえるのが大変だったというお話です(゚Д゚;)

 

 

ネコちゃんのキャリーケースを持った途端

ケージに隠れて出てきてくれなかったりと

苦労したことがある方も多いかと思います…

 

ネコちゃんはデリケートな生き物ですので

すぐに慣れさそうと思っても難しいですよね(´・ω・lll)

 

 

 

そんな時にも困らないように、

普段の生活からキャリーケースに慣れるようにしてみましょう

 

 

 

【STEPキャリーケースを開いておいておく】

なにげなく置いておくことで

怖いものではないことを理解してもらいます

 

【STEPキャリーケースの中でおやつ】

普段からキャリーケースの中で遊んでみたり、

おやつをあえてケースの中であげてみたりと、

キャリーケースに入れば楽しいことが待っていると

教えてあげましょう

 

【STEP車の中ではシートベルトを】

入れるようになってきたら移動するときも注意が必要です!

ネコちゃんは環境の変化に敏感ですので

車で移動する際などは揺れが少なくなるように

シートベルトなどで固定してあげましょう

 

【STEPキャリーケースから引っ張り出さない】

病院など家以外の場所に行くようになれば

キャリーケースから出すときにも

いやな気持ちにならないよう気をつけてあげてください

手だけをもって引っ張ると怖がってしまいます。

ケースは上部が開くようなものだとより良いと思います!

 

【STEPお家に帰ってきたらご褒美を】

最後に…

お利口にお家に帰ってこれたら、

おやつやおいしい缶詰などをあげてリラックスしてもらいましょう

 

image

 

 

ただ、すぐに慣れるのは難しいです…

 

ポイントは

ネコちゃんのストレスがかからないよう時間をかけて焦らず行うことです(`ω´*)

 

 

 

 

ネコちゃんも飼い主さまもストレスの少ない方法で

大切な家族の健康を守りましょう

 

 

荒木千尋